父による子育て日記

2児の子育てや仕事に追われながらも、毎日楽しいことを探して、挑戦を忘れずに頑張ってまーす。

家族ができたら、一度はするべきライフプランニング(ソニー生命)

前回の家族計画に関連するお話です。

ライフプランニングって聞いたことありますか?

 

家を建てたりするときに、支払いが出来るかどうかをシュミレーションするために、初めてされる人が多いように思います!今回、久しぶりの友人から「ソニー生命に就職したから、保険の話を聞いて欲しい。」との話がありました。

 

何度か別の人から保険の話を聞いたりすることがあったので、転職したばかりで大変だろうと快くオッケーしました。実際にあってみて、保険の仕組みや種類などを教えてもらい、保険そのものへの理解が深まりました。

 

さて、本題はここからです!

なんとソニー生命は、ライフプランニングを無料で行って、それに合わせて必要な部分を補足する形で保険を提案するというのです!

 

いつも、保険って保険屋さんが「こんなんどうですか?考えました!」って持ってくるものだと思っていたので、驚きました。しかし、なるほど!将来のシュミレーションをして、それに合わせた保障を考えて行くのだな!なかなか、利にかなってるよな。と思い、してもらう事にしました。

 

いざ、ライフプランニングが始まるとなると、ちょっと大がかりでした。

  • だいたいの年収や現在の保険料・保障
  • 子供が結婚するかもという年齢を予測
  • 車を何年毎に買い換えるか
  • おおまかな食費・光熱費
  • 子供の中学や高校、大学を公立・私立のどちらの予定なのか

などなど、色々な質問に答えていくのです!

 

妻と一緒にあーだこーだといいながら、将来について話すのは、なかなか楽しい時間でした(*´∀`)

そういった、将来の予定(希望など)を伝えて、後はソニーのコンピュータープログラムが勝手にデータにしてくれるようです!

 

かなり細かいデータで出てきます。年度ごとの家庭の収入や生活費、貯蓄まで細かに出てきます。数字の表ではわかりにくいですが、年度毎に棒グラフで表示されているのを見るととても分かりやすいです。

 

私が40歳のころにはどれだけのお金が必要で、いまのままだといくらぐらいの収入が予測されるのかなどわかります。その中で、年の収入より支出が多くなる年があったりします。その年は、実質赤字という事ですが、貯蓄がいくらあってそれによりどのくらい補えるかまでわかってしまします!

 

すごいでしょ!私は、この大まかでもいいから、人生の見通しをだしておきたかったのでライフプランニングをしてもらいました。

 

私は、ライフプランニングしてもらう事によって、将来の家計の動きを予測することが出来てとても良かったです。将来に、漠然と不安を感じているよりも、今のままの生活を続けて、希望を叶えていくと、家計の推移がどのように変化するのかを知ることが出来るのは大きなメリットです。

 

我が家は、共働きで、どちらも元気に働き続ける限りは、 我が家の総資金がマイナスになることはない事がわかり、一安心でした。そして、どちらか一方が若くして亡くなった時も遺族年金やもう一方の収入で、今より少し生活水準は下がるもののおおきに心配がないこともわかりました。

 

心配なのは、私が生存しているが働けない状態になった時!この時が、一番お金がかかる上に、一番収入が少ないという状況!ギリギリ生活は成り立つ計算ではあるものの、やはり心配!保険で保障をつけるなら、この時期を手厚く乗り切れる保険がいいなと感じました。

 

ソニー生命は、一人一人に合わせた保険を提案するためには、ライフプランニングして、ある程度の生活の予想を立ててからでないと適切なプランが提案出来ないといっていた訳がこの時によくわかりました。

 

ライフプランニングしてもらう事によって、私が保障を必要とする時期や最も重視したい部分を明確にすることが出来ました。ちなみに、私の重視する部分は、子育て中の男性なら共通するところがあると思いますので以下にまとめます。

 

私が保険に求める事

  • 自分に何かあっても子供の生活費・教育費の心配をなくしたい。
  • 子供が社会で働くまでは、保障を手厚く。
  • 子供が巣立った後は、夫婦が生活出来る犯意の保障で十分。
  • 60歳以降は、収入も少なくなるので、保険料を払いたくない。
  • 60歳以降は、自分の入院費や葬式代くらいは出せるようにしておきたい。
  • 保険料の掛け捨ては、極力したくない。
  • 将来(子育てを終えたら後)に、人生を楽しむ蓄えが欲しい。

 

どうでしょう?あなたも当てはまる思いがあったのではないですか?

 

ただ、漠然と思い描くいてるだけの人が多いと思います。私もそうでした。しかし、自分や家族の生活に関わることを漠然となんてあいまいなものでは不安ではありませんか?

将来への不安は、少しでも解消しておくべきです。

大切な家族を守るためには、しっかりと見通しをたてて、もしもの事態に備えておくことが必要ではないでしょうか?

syunnanetatosyumino.hatenablog.com

syunnanetatosyumino.hatenablog.com