わがままを言う3歳娘への対応はどうすればいいのか?

最近、娘のわがままがひどいなと感じます。
特に、母親に対して、ひどくなってます。


例を挙げると、


「ハミガキの仕上げは、ママがいい!」
「ママに靴を取ってきて欲しいの!自分じゃ取れない。」
「ママと寝たいの!」

「ママと食べたいの!」


とにかく、ママ、ママ、ママって感じです!

あれっ、これってパパが嫌われてるだけじゃないのって思ったでしょ!でも、そうじゃないように思います。

 

最近の娘の環境の変化

職場の託児所から地元の保育所に通うようになりました。それにより、布団を持っていったり、制服を着ていったり、毎日水筒にお茶を用意したりと、荷物が劇的に増えました。さらに、保育所は何でも子供にさせる方針で、保育所では身の回りの事をほとんど自分でしています。


この事で荷物の準備に毎朝追われる親。そして、自分で色々出来るのに、家では甘えてしてくれない娘。

ついつい、時間だから早くと急かしたり、高圧的に娘に指示したりする事が増えてしまいました。でも、そんな言い方をされて、言うことを聞きたくないですよね。子供も一緒です。言うことを聞くどころか反発する娘と母親が、喧嘩する事が増えたように思います。

 

娘がわがままを言う理由


ここで改めて娘のわがままについて考えてみます。

母親との喧嘩があったり、関係が上手くいっていないと感じて、仲良くなりたい。親に甘えたい、愛されたい。親に嫌われているかもという不安を感じているように思いました。また、弟が1歳で可愛さのゴールデンタイムで、やたらと可愛がられているのも娘のわがままの一因かもしれません。


もし、娘のわがままが母親に甘えたいとか愛されているか不安で試しているということであれば、その対応はとても重要ですよね。あまりのわがままに、対応が厳しくなる妻に、「愛されたいだけじゃないの?」「今は、ある程度聞いてあげたら」と話をしています。

 

私の答えが正しいのか、そもそも見立てが合っているのかもわかりません。でも、子供の行動の一つ一つには子供なりの理由がありそうです。そして、小さな幼児においては、行動目的のほとんどに親が絡んでいるように思います。

「前にこれをしたら、パパが笑ってくれたから」
「ママがこれが好きって言ってたから」
なんて、よく聞きませんか?

子供は基本的に親が好きだし、親に好かれたいと思っています。

 

しかし、それが上手く行かないと悩んで、親の気をつけ引くためにでた行動が、親にとってはわがままだったりするだけのように感じます。


子育てで、子供への対応に迷う事って、ほんとによくあります。
そんな時は、子供が一番愛情を感じられる対応が、一番の正解だと私は思っています。

 

子供を愛しているのはどの親も一緒だと思います。しかし、それを口にだして言う!そして、態度で示す!(抱きしめたり、ほっぺにちゅーをするなど)

子供への愛情を言葉や態度で示す事が、子育ての基本であり最強のコツだと思います。